廃車したら税金は還付されるの?自動車税・重量税の還付金

廃車したら戻ってくる税金って?重量税・自動車税について

税金の還付金

 

自動車を廃車した場合、払っていた税金が戻ってくるケースがあります。それぞれの税金について、解説してゆきますね。

 

自動車重量税

 

自動車重量税はその名の通り、車の重量に応じてかかってくる税金です。この重量税は、次の車検までの期間分を前払いしています。当然新車で買ったときにも次の車検までの3年分を支払っているのです。

 

次回の車検を受けるまでに廃車になった場合は、先に支払った自動車重量税は月単位で計算されて戻ってきます。(車検の残期間が1ヶ月以内の場合は、重量税の還付はありません。車検切れの車も同様です。)

 

ここで注意が必要な事があります。

 

次の車検を受けるまでに「廃車」となった場合、と書きましたが、ここでの廃車とは、その車が自動車リサイクル法に沿った正しい”解体”される事が前提です。

 

専門の引き取り業者に引き取ってもらう必要があります。「廃車にする」と言って引き取った業者が、実は修理をして中古車として販売した、海外に輸出した、などの場合は解体されていませんので、重量税は戻ってきません。

 

また、この重量税の還付も説明しないで処理してしまう業者もあるようです。業者選びは、このあたりの説明を明確にしている業者を選びましょう。

 

また、自動車重量税の還付金を受け取るには、所定の手続きが必要になります。

 

気をつけなくてはいけないのは、永久抹消登録申請(軽自動車は解体届出)と同じタイミングで重量税の還付申請を行う必要があるのです。手続きがずれてしまうと、還付金を受け取れなくなってしまします。

 

自動車税

 

自動車税は4月1日の時点で車を所有している人にかかってくる地方税です。毎年、5月位に振込用紙が送られてくる、そう、アイツです。

 

自動車税は4月1日から1年分を前払いしています。ですので、年度の途中で廃車にした場合には月割(日割りではありません)で還付されます。

 

手続き方法は地方税なので、各都道府県で違いがあるようですが、抹消廃車手続きを実施した約2ヵ月後に自動車税還付の通知が自動車税事務所から送付されます。この通知書を所定の金融機関に持っていけば還付金が受け取れます。
※管轄の税事務所に手続き方法など、直接ご確認ください。

 

残念ながら、軽自動車の自動車税の還付はありません。税金が低いから、という理由でしょうが、増税されましたよね。

 

他に還付されるもの

 

税金の他にも、廃車すると還付されるものがあります。自動車保険関係ですね。

 

保険金の還付については、こちら記事で詳しく書いていますので、ご参照下さい。
廃車にすると自動車保険(自賠責、任意保険)はどうすればいい?

 

廃車手続きの前にすべきこと

 

1.中古車としての価値を調べる。
  日本では査定がつかない車でも、海外では需要が高い車もあります。
  思わぬ査定がつくケースもあるので、査定を取ってみるべし。
  かんたん車査定ガイド

 

2.査定がつかない車は、廃車買取業者に売る。
  中古車として査定がつかなくても、パーツとして販売できる業者もいます。
  買い取ってもらえば還付金も戻り、廃車費用・面倒な手続きは無用。
  廃車ラボ