廃車にする走行距離の目安は?平均は?【廃車買取@なび】

廃車にする走行距離の目安は?平均は?

廃車にする走行距離

 

車って何万キロ走ったら廃車?

 

車の寿命ってどれくらいなのでしょうか?昔は「10年10万キロ」なんて言葉も聞きましたね。

 

一概に何万キロ走行したら廃車、と言う事は言えないと思いますが、自動車メーカーの想定では「走行距離で15万キロ・耐用年数で10年が一つの目安」となっているようです。

 

当然、乗っている間のメンテナンスの状態によっても変わってきます。

・オイル交換をきちんと行っているか
・定期点検を受けているか
・その際に必要な部品を交換していたか

などによって、車の状況は当然変わってきます。

 

まれに、「オイル交換は車検の時だけ」、といった方もいるようです。

 

また、所有者の運転の仕方にも影響を受けます。急発進、急ブレーキ、加速はアクセルベタ踏み、なんて運転をしていると、当然走行距離が短くても、車の色々なところが悲鳴を上げます。

 

そして、あまり知られてはいませんが、車種によっても変わってきます。

 

軽自動車や小型車は、エンジンが小さいので普通に走っていても回転数が高めの状態になっています。コストを優先させることにより部材などが節約されています。

 

逆に大型高級車は、エンジン出力にも余裕があり、長持ちする傾向があります。

 

いずれにせよ、車は動く限り乗れますので、「廃車にすべき走行距離」は、それぞれ個人で違ってくると思います。愛着が深いと修理代がかかっても乗り続けますから。

 

ちなみに、海外では「日本車は30万キロ走れる」と言われているようですね。大陸などは国が広いので信号が少なく、高速が多いので日本よりは長持ちするのでしょう。

 

日本では「もう廃車だ」と思われるような車でも、海外ではまだまだ需要があるのです。「そろそろ廃車かな?」と思っても、海外では現役バリバリ、なんてこともよくあります。

 

 

廃車を考えだした時にすべきこと

 

「もうそろそろ廃車かな?」と思った時や、ディーラーや買取業者に「過走行車なので、もう廃車ですね。査定はつきません。」と言われた時に、すべきことがあります。

 

先程もお伝えしましたが、日本国内では売れなくても、海外であれば売れる車は少なくありません。あなたの車も買取ってくれる業者がいる可能性もあるのです。

 

ではどこで買い取ってもらうか?と言うことですが、ディーラーに持ち込むと査定が付かない場合がほとんどです。

 

なぜなら、ディーラーは新車を売ることが本業であって、車の下取りに関しては「付帯業務」なのです。出来れば、行いたくない業務なのです。

 

当然、海外への輸出ルートなどは持っていません。

 

一方、車買取専門店というものがあります。その名の通り、車の買い取りを本業としているお店です。

 

買取専門店にも、得意分野が色々とあって、

・1BOXに強いお店
・軽自動車専門店
・ドレスアップカー専門店
・海外への輸出がメイン

など、それぞれのお店で「欲しい車」は異なります。

 

つまり、車を一番高く売る方法は、あなたの車を欲しい!と思っているお店に売ることです。

 

ですので、まずは愛車がいくら位で売れるのか?最新の査定相場を把握しておきましょう。

 

そして、あなたの車を欲しい!と思っているお店を探してみましょう。

 

こちらのサイトを使えば、1度の入力で両方できます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の概算査定額が分かります。同時に複数の買取専門業者に見積もりを依頼できますので、最高値で買ってくれる業者と金額もがわかります。

 

 

ちなみに、中国では「非営業車両は走行距離が60万キロになると、強制的に廃車」と規定されているそうです。60万キロ、恐るべし・・・

 

日本のタクシーは50万キロの走行距離、なんていうのもザラにあるようです。当然、メンテナンスを怠らず、安全運転のたまものでしょうが。

 

いずれにせよ、個人の判断で愛車の査定がつかない、と考えるのは勿体ないです。