思い出のいっぱいつまったスズキのセルボの廃車

思い出のいっぱいつまったスズキのセルボの廃車

2008年にスズキの軽自動車スズキセルボを購入しました。

 

新古車で5000キロぐらい乗ってました。

 

デーラーの試乗車とか車検の代車として使用してたのだそうです。

 

よく走り燃費もまあよく、もう一台普通車がありましたが、街中は小さい車のほうが確かに便利がよく、買い物や近くへのドライブなどよく毎日のように使いました。
故障も少しもせず、荒い運転にもこたえず、通勤にもまた大人4人での坂道走行でもこたえずよく走りました。

 

ターボ車なのでノンターボより少し燃費が悪いのですが、高速運転も普通車に負けずに走り、セルシオを追い越したときはマジで煽られました。

 

向こうにすれば軽4に追い越されたらカッコ悪いですからね。

 

坂道も楽々上り、ほかの軽を途中で追い越したものです。九州もフェリーの関係でセルボで行きました。普通車よりかなり安いですからね。

 

高速運賃も軽自動車は安く経済的です。

 

そんなわけで走り続けて8年ぐらいたってきた時、やはり電気系統がやられました。

 

次から次と電球が切れ順番に交換をしていきました。

 

タイミングベルトはなくチエンでしたので車検時に交換しなくてよかったですが、ダイナモが焼き付き、ポンプが悪くなりで車検時にかなり経費が掛かるようになりました。

 

エアコンも利きが悪くなり、ガスを変えましたがあまりよくなりませんでした。

 

それでも愛着があるのでのり続けていましたが、そして今度は北陸旅行に3泊4日で行きました。

 

多少の不安がありましたが、何とかなると高をくくっていました。

 

しかし今度は冷却水が漏れて配管が割れてそこから漏れてきたのです。

 

修理にまたお金が掛かり、さすがの私も「もう限界かな。車を買い替えようかな。」と考え始めました。

 

走行距離はすでに18万キロでした。

 

でもこの車は今までの車より愛着が一番ありました。

 

いろんな思い出がこの車にはあるのです、一番の思い出は高知へ行ったときの朝の日の出、これが一番の思い出です。

 

そんな車を簡単には手放せませんでした。家族も同じ思いで、家族会議を開きその時の大蔵大臣の一言、「経費が掛かりすぎる。ほかの車にしましょう!」で決まりました。

 

今でも写真を見て思い出にしてます。次の車は同じスズキのワゴンRでした。下取りに取ってくれ、セルボは廃車にするから経費込みで買いました。

 

廃車手続きの前にすべきこと

 

1.中古車としての価値を調べる。
  日本では査定がつかない車でも、海外では需要が高い車もあります。
  思わぬ査定がつくケースもあるので、査定を取ってみるべし。

 

  かんたん車査定ガイド

 

2.査定がつかない車は、廃車買取業者に売る。
  中古車として査定がつかなくても、パーツとして販売できる業者もいます。
  買い取ってもらえば還付金も戻り、廃車費用・面倒な手続きは無用。

 

  廃車ラボ