廃車買取|廃車が売れるって、どういう事?!

廃車が売れるって! どういう事?

廃車売る

 

廃車が売れるって! どういう事?
廃車と言えば、もう価値がなくなって売れない車、というイメージがありますよね。

 

確かにそうですが、廃車と決めるのは、もうどこも買い手がなく処分するしかない、と言った時に決める事です。

 

個人の思いこみや、街の中古車屋さんの判断だけで廃車にすると、費用がかかったりしますが、実は廃車には費用もかからず、買い取ってくれる業者もあるんです。
そう、廃車が売れるのです。

 

?何の話?

 

どういう事かと言えば、まず走行距離が10万キロ以上、年式は15年落ち、こういった車はなかなか中古車屋さんに持ち込んでも査定がつかず、買い取ってもらえません。

 

確かに中古車センターで極端に年式の古い車は見かけませんよね。店頭のイメージもあるのでしょう。

 

また、街を走っていても日本ではボロボロの車はそうそう見かけません。車検制度がキチンとあって、メンテナンスもされた車がほとんどです。

 

でも海外に行くと日本では売れないような中古車がバンバン走っています。10年、走行距離10万キロが車の寿命、なんて言うのは、日本だけの常識です。

 

日本車のブランドイメージもいいので、古い車でも海外では日本車は人気が高いのです。ですので、日本国内では需要がなくても、海外では需要があって高く売れる事も結構あるのです。

 

そういった海外に販売ルートをもっている業者であれば、廃車だ、と思っている車でも買い取ってくれます。

 

廃車してしまう前に、買取が可能か?調べておくことをお勧めします。当然無料ですし、1回の簡単な入力で買取可能かどうががわかります。可能であれば複数の業者から見積もりが取れますので、一番高い業者に売ることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

もし、査定がつかずに買取が出来ない場合は、廃車買取業者に買い取ってもらいましょう。廃車買取業者は修理できる車は修理して販売し、もう修理しても売れない、という車は部品をパーツとして販売します。

 

車のパーツって国内もそうですが、海外でも需要があります。

 

そのような販売チャネルがあるので、査定がつかない車でも買い取ってくれるのです。
廃車ラボ

 

サイトをご欄頂ければもうお分かりでしょうが、最悪廃車となった場合でも、廃車の面倒な手続きや費用はかかりません。