県外・他県ナンバーの廃車手続きについて|廃車買取@なび

県外・他県ナンバーの廃車について

県外ナンバー 廃車

 

県外・他県ナンバーの廃車について

 

廃車にしようと思っても、転勤などの引越しで県外ナンバーのまま、という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのような状態で、車を廃車にする事は可能なのでしょうか?今回は、県外ナンバーの廃車手続きについて考えてみました。

 

 

廃車はナンバープレートの都道府県でしか出来ないの?

 

道路運送車両法第12条によると、 「使用の本拠の位置などが変更された場合は、その事象が発生した日から15日以内に変更登録の申請をしなければならない」となっています。

 

簡単に言うと、県外へ引っ越すことが決まったら、住所が変更された日から15日以内に変更登録申請を行って下さいね、と言う事です。

 

基本的に住んでいる地域とナンバープレートは同じであることを前提としています。違反した場合には、50万円の罰金だとか。しかも、15日以内とは厳しいですね。

 

何らかの事情で、変更登録を行う前に車を廃車にする必要が発生したら、ナンバープレートの都道府県に戻って、そこでしか廃車は出来ないのでしょうか?

 

結論から言えば、「そんなことはありません」

 

ナンバープレートではない都道府県でも廃車の手続きは可能です。

 

 

県外、他県ナンバーの車を廃車にする方法は?

 

県外ナンバーの車を、住んでいる地域で廃車にするには、移転抹消(転入抹消)という手続きが必要になります。具体的には、通常の廃車の手続きに加えて、「現在の住所はここですよ」という事を証明するために住民票を提出します。

 

一昔前までは、ナンバープレートと必要書類をナンバーの都道府県に送って抹消登録証を住んでいる地域に返送する、といった大変手間な手続きが必要でした。

 

現在は法律も変わって、お住まいの都道府県でも廃車の手続きができます。例えば、大阪で登録した車を東京で廃車にする事が可能なのです。

 

旅行先で故障した!事故にあった!そんな時は?

 

先程ご説明しましたが、県外で廃車にするには住民票が必要です。もし、出先で県外にいて、そこで廃車にする必要が発生した場合は、住民票は当然住んでいる県外のままです。

 

このような場合はどうすればいいのでしょうか。故障や事故で動かなくなった車を廃車にする場合、車を住んでいるところまで運ばなくてはいけないのでしょうか?

 

この場合は、現地の業者に依頼してレッカーで移動して解体してもらう事になります。現地の廃車買取業者にレッカーと解体を依頼して、廃車手続きに必要なナンバープレートだけ持ち帰るということもできます。

 

廃車手続きの、永久抹消登録には車両を解体したと言う証明が必要なので、ナンバープレートを持ち帰って、お住まいのエリアの陸運局で手続きを行う事になります。

 

 

廃車を考えた時にすべきこと

 

走行距離も多いし年式も古い、もう廃車かな?と思ったときに、すべきことがあります。それは、愛車の最新の査定相場を調べておく、と言う事です。

 

車の買い替えで、ディーラーに下取りで持ち込めば「廃車ですね」と言われるような車でも、海外ではまだまだ売れる事も少なくありません。

 

実は、あなたの車を買いたい!と思っている業者がいるのです。

 

新車の販売が本業のディーラーと違って、「車買取業者」というものがあります。中には、海外に輸出のルートをもっている業者も少なくありません。

 

そのような業者は、海外では日本車は人気ブランドなので、年式が古くても走行距離が多くても、結局的に買取るのです。海外では、古い日本車もバンバン走っています。

 

ですので、廃車を考えだしたら一度、買取業者の査定相場を調べてみましょう。

 

愛車の最新の査定相場は、こちらのサイトで簡単に調べる事ができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。同時に複数の買取業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かりますよ。

 

もし上記のサイトで買取業者が見つからなかった場合や、事故車や自走出来ない不動車は、下記のサイトを使ってみてください。

 

廃車ラボ

 

通常、廃車には引き取りや手続き、スクラップなどの費用が発生しますが、こちらでは全て無料で行ってくれます。車検の有効期間が残っていれば、自動車税、重量税、自賠責保険も還付してくれますよ。