廃車 年数|車は何年使用したら廃車なの?【廃車買取@なび】

車が廃車になる年数ってどれくらい?

廃車 年数

 

「この車、もう廃車かな?」と考えだしたら、まずは愛車の査定相場を調べてみましょう。思わぬ金額がつく場合もあります。簡単な入力で、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

車が廃車になる理由は、走行距離や各パーツの劣化、故障や事故など色々あると思います。

 

その中でも、事故などではなく普通に乗り続けた場合、どれくらいの年数で車を廃車にするのかを考えてみました。

 

車の平均寿命って何年くらい?

 

車の平均寿命はどれくらいなのかな?と思って調べてみました。

 

「一般財団法人 自動車検査登録情報協会」という機関が発表していましたので、ご紹介します。

一般財団法人 自動車検査登録情報協会とは、自動車の安全対策、環境対策、防犯等公益の増進に資する資料として国土交通省が提供を承認した情報について、当協会が電子データの形式に編集処理し、関係機関に提供しています。引用 https://www.airia.or.jp/index.html

そちらのデータによると、軽自動車を除く乗用車の場合、平均使用年数は12.38年となっています。

 

これは前年の2014年に比べると若干少なくなって3年ぶりに減少に転じたようです。ただ、10年前と比較すると、1.5年ほど延びています。

 

ずっと昔まで振り返ってみると、

1980年  8.70年
1985年  9.17年
1990年  9.26年
1995年  9.43年
2000年  9.86年
2005年  10.93年
2010年  11.67年

といったように推移しています。

 

25年前と比べると、3.67年長くなっていますね。

 

これは、自動車自体の性能が格段に上がった事が第一の理由だと思います。それこそ25年前は10年10万キロが車の寿命、なんてことも言われていました。

 

最近でもそんな事を聞くことがありますが、今の日本車はそれ以上に走ってくれます。※当然、メンテナンスの頻度や乗り方にもよります。

 

上記の年数は当然平均年数ですので、20年走っていた車もあれば、平均より短い年数の車もあります。

 

車の廃車時期を年数で決めることは、それぞれの車の状態も異なりますので難しい事だと思います。明らかに故障が多く、修理代がかさむ、等で廃車や買い替えを検討し始めるのではないでしょうか。

 

あまりに年式が古くなって、修理部品もメーカーにも無い、と言う状態になると、当然廃車も考えますが、エンジンが壊れるまで乗り続ける人は、日本国内では非常に少ないのが実情です。

 

 

「もう、そろそろ廃車かな?」と考えだしたらすべきことがある!

 

この年数だから「そろそろ買い替えかな?」「廃車にするしかないかな?」と思ったら、まずは今の愛車の査定相場を調べてみましょう

 

車の査定金額には「定価」というものはありません。査定する側の「言い値」です。その査定金額は、どこで査定を受けるかによって随分変わってきます。

 

こんな感じです。
査定金額

 

年式の古い車は、ディーラーでの下取り価格はつかないケースが多いですが、買い取り専門店では思いのほか高く売れた、なんてこともよくあります。

 

ですので、まずは「愛車を今売ったらいくら?」という相場を知っておきましょう。

 

こちらのサイトで簡単に調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

わずかな1回の入力で、すぐに愛車の査定相場が分かります。同時に複数の業者に見積もりを依頼できますので、あなたの車を「買い取りたい!」と思っているお店も探すことができます。

 

実は年式の古い車でも、積極的に買取ってくれる業者もいるのです。海外では日本車は人気が高く、国内では販売が難しい年式が古い車でも、海外ではまだまだ現役で走っていますし、需要もあるのです。