廃車走行距離|廃車にする車の走行距離って?【廃車買取@なび】

「走行距離が多いから、査定がつかないから廃車」と考えてはいけない!

廃車 走行距離

 

「この車、もう廃車かな?」と考えだしたら、まずは愛車の査定相場を調べてみましょう。思わぬ金額がつく場合もあります。簡単な入力で、すぐに愛車の査定相場が分かります。

 

かんたん車査定ガイド

 

「走行距離が多いから、査定がつかないから廃車」と考えてはいけない!

 

走行距離の多い車(過走行車)は、確かに中古車市場での評価は低いのが現状です。

 

車のパーツの劣化が目立ってメンテナンスや修理にお金がかかってしまう傾向にあるので、売れにくい車になってしまっているわけですね。ですので、車を買い替える時に下取りに出そうとしても、値段がつかなかったり、タダなら引き取りますよ、なんてこともよくあります。

 

自分で廃車にするのは結構な手間とお金もかかってくるので、タダで引き取ってもらうケースも多いようです。

 

でも、これには大きな落とし穴があります。

 

その業者の販売ルートが少なく、特に海外への輸出などをしていない業者は引き取ってスクラップにするくらいしかできないのでしょう。

 

でも、日本車は日本国内だけではなく、海外での需要も高いのです。日本国内であれば、走行距離10万キロ以上で過走行車といわれてしましますが、海外に行くと20万キロの走行距離なんて普通にあります。そして日本車は、ブランドイメージが良いので、古い車や過走行車でも人気があるのです。

 

そういった海外の販売ルートをしっかりと持っている買取御者は、過走行車であろうと積極的に買い取ってくれます。

 

ですので、走行距離が多いからもう値段がつかない、と自分だけの判断や、1社だけの回答で決めつけてしまうのはもったいないです。

 

では、そのような業者はどうやって探せばいいのでしょうか?車を走らせて1件1件回るのも大変ですし、時間もかかりそうです。そこでオススメなのがこちらのサイトです。

 

かんたん車査定ガイド

 

1回の簡単な入力で、あなたの車を一番高く買い取ってくれる業者がわかります。中古車の値段は需要と供給のバランスによって決まっています。人気のある車の価格は上がり、人気がない車は安く売られる。という感じです。

 

中古車の価格は(需要と供給のバランス)、日々行われている中古車のオークションの情報をもとに決まっているのです。ですので、いくらネットで自分の車の車種や年式、走行距離で査定額を調べてみようと思っても、公開されてはいませんし、もし、あったとしても過去のデータに過ぎないのです。

 

最新の査定情報を知るのは、優良な買取業者が多く加盟している先ほどのサイトで簡単に調べることをおススメします。

 

それでも査定がつかなかったら?

 

先ほどのサイトで、査定金額が出なかった場合でも、まだ方法はあります。

 

中古車として販売が難しくても、部品をパーツとして販売できる業者もあります。鉄を資源として再利用できる業者もあります。

 

他の業者では明らかにしない、重量税や自賠責保険、自動車税の還付を行ってくれる業者もあります。中古車の買い取りで査定がつかなかった場合は、こちらのサイトで調べてみるといいと思います。

 

廃車ラボ

 

煩わしい廃車の手続きを無料でやってくれますし、税金が還付される場合もあります。